3%e3%80%80%e9%ab%99%e6%a9%8b%e7%9c%9f%e4%b9%9f

切りたくない! 綺麗なロングを保つのに必要な2つの事

 

ロングの方にとっては綺麗な状態でいたいのは至極当然の事

ですが髪の理屈からするとロングほどダメージが大きいモノ

今までの施術履歴

普段の髪の扱い方

時間の経過が長い髪ほど、当然に蓄積していくモノなのだ

枝毛や切れ毛がひどいのは、もはや髪に余力が無いサイン

髪の中のタンパク質が減少してるって事ね

切ってしまえば、話は早いのだが・・

%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc-bifore

4%e3%80%8028-6-18%e3%80%80%ef%bd%821

 

バサバサと広がる

もともとクセはあまり無く、むしろペタンとしている髪

広がるのはクセでは無くダメージで起こっているのだ

・度重なるカラー

・サロントリートメント

・デジタルパーマ

またずいぶんと改善されてきたが、以前に軽くした際に傷んだように見えてしまった毛先

で今回は

・切らない事が条件

・綺麗な感じで扱いやすく

・枝毛、切れ毛をなんとかしたい

という事

これ以上の負担はなるべく避ける


 

まずひどい枝毛は切ってしまえばいいのだが今回は却下

綺麗な感じを保つのに必要な事は、本来髪が持っている結合水をなるべく保持する事

髪の水分ってやつね

これは髪がしなやかに曲がったり柔らかさを出すのに必要なモノ

結合水は、艶や潤いを維持させる為には必要なんだけど、ダメージによって失われていくモノでもある

まずは極力維持をする事

つまり、これ以上の負担を避ける事が大切

それには美容室での施術とホームケアが重要になってくる

美髪になるためのお手入れ方法 ← ホームケアについてはこちら

%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc-after

4%e3%80%8028-6-18%e3%80%80a1

4%e3%80%8028-6-18%e3%80%80a5

今回はタンパク質の減少で出来たダメージホールの穴埋め

この施術で髪に与えるダメージはほとんど無い

髪密度を上げる事で余力の減った毛先にアプローチ

髪を扱いやすくするのが目的なんだけど、自然なツヤも出て綺麗な印象

ですがもともとダメージがあった事はまた事実

本来は軽く見える毛先や枝毛・切れ毛部分は少しずつ切っていけばいいのだが、どうしても切れない事情の方もいるでしょう

ダメージ等により広がり、扱いにくくなった髪

空洞になった内部の穴埋めは、そんな髪を補強して扱いやすくするのが目的です

また1~2ヶ月位の周期で定期的に繰り返したり、適切なホームケアをして頂く事も必要な事です

決して魔法のようなものではありません

適切な施術と地道なホームケア

この2つは綺麗なロングを目指すのに必要な事なのです

PS.

それじゃまたいつでもおいで~

・・と、リオルでは言ったりしますが

社交辞令では無く本当に寄って構いません

チャリで海に行った帰りだとか (^^)
3%e3%80%8028-7-29-2

ちょっと話して

お土産も頂いちゃったし

そろそろ営業も終わるので

3%e3%80%8028-7-29
なんか飲んでるというね

俺だけ車でノンアルコールビール・・

The following two tabs change content below.
高澤 雄二

高澤 雄二

藤沢辻堂の美容室Liolu代表の現役美容師。綺麗に導く事を専門としたサロンを経営。1日の担当に制限がかかろうとも、マンツーマンでの対応を徹底。あなた専属、専用のプランをカタチにした特別なサロンです。純粋に「美容室に来て良かった♪」と思って頂く事を第一に願い、ずっと幸せな毎日を過ごしてもらいたいのです。周りの人たちが羨む美髪と共に。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です