9526fdd1b4e9904f60205437d2da8a54_s

トリートメントの効果とは?! 認識のズレと3つの違い

私の髪はバサバサでガシガシ

ええ

傷んでますとも

カラーだってしてますし、パーマだって・・

美容師は毛先切った方がいいって言うけど、伸ばしてるんだから切る訳ないでしょ 笑

別に大丈夫 ♪

だってトリートメントしとけば平気なんでしょ?!

あんまりもたないけど・・

%e3%83%90%e3%82%b5%e3%83%90%e3%82%b5%e3%81%aa%e9%ab%aa

トリートメントの役割は大きく分けて3つ


 

現在のトリートメントの目的は

・髪の保護・質感向上    

・髪の毛の内部補強   

・薬剤の除去   

のいずれかに振り分けられます

実はそれぞれに役割があって、効果もまた違います

残念ながらダメージを治すという項目に当てはまるモノは無いんです

これこそがヘアダメージに苦しむ方々の最大の問題であり、美容師サイドとの大きな認識のズレになっています

じゃ明日から一体どうすればいいの?!

髪というものはキレイだと気分が良くなったり、調子が悪いと気持ちが滅入ってしまう不思議な力を持っています

ダメージを受けたそのままの状態で普段の社会生活を送る事はとてもツラいものです

ある意味、拷問にも近い状態な訳です

その為、少しでも今の状態を和らげ、普段の生活を気分良く過ごしてもらえるように最善の方法を選択しなければなりません

場合によってはカットする事も一つの選択肢です

伸ばしている方なら、更なるダメージの危険性やトリートメントの目的を明確にする必要があります

それらは今後キレイな髪を保つ為にも、大切な事なのです

髪の保護・質感向上


髪の外側(キューティクル)をコーティングするタイプで皮膜系トリートメントとも呼ばれます

多くの方がトリートメントと認識しているのが、おそらくこのタイプであろうと思われます

そもそも髪の中を触るなんて荒技は出来ません

つまり

手で触れているのは、この外側の部分になるわけです

つるつるサラサラと手触りが良く、まとまりも感じられるようになります

また質感の向上だけで無く、外の摩擦などから髪を保護する役割もあります

このタイプの効果というのは

ある意味、外側のコーティングがどの位持つのか?(持続性)

って事になるケースが多いように感じますが

外側にさらされているこの部分は、常に外の影響を受けています(水、シャンプー、紫外線・・)

その為、皮膜は短期間で剥がれ、元通りに戻ってしまいます

結果、持続性は短く、もっても1週間くらいです

また

持続性を上げようと皮膜を強力にする事で、別の弊害もあります

トリートメントは髪が傷むのか?!

ですのでリオルではこのタイプのトリートメントはメニューとしてはオススメしておりませんので、取り扱いもしていません

このタイプは普段のホームケアのトリートメントやアウトバスとして使用するのが良いでしょう

シャンプーで落としたとしても、その都度 補う事が可能になります

毎日使用したとしても1週間で無くなるなんて事はありませんし (^^)


内部補強


 

このタイプは、ダメージ対策として使用されるケースが多いです

髪の中に作用させ、髪密度を上げる効果があります

タンパク質が減少した髪の穴埋めとしてアプローチ出来るのと、持続性が高いという優れた点があります

ですが外側をコーティングする訳ではありませんので、

即効性のあるつるつるサラサラな質感とは異なります

あくまでキューティクルありきの自然なつやが特徴です

また内部への作用は時間の方も少々かかります

ですが時間がかかったとしても得られるメリットが大きい

ですのでリオルのトリートメントはこのタイプになります

すでにハイダメージ毛で、とにかくすぐに手触りを重視される方には希望に沿う事は出来ないかもしれませんが

その場しのぎ的なモノよりも今後を見越して改善していきたい方には、きっと喜んで頂けると思います

時間の経過は必要になりますが、今後のダメージ予防としての価値もあります

薬剤除去


 

カラーやパーマ等を施術した際に使用する薬剤は一度のシャンプー等では流すのが難しく、髪に残留しています

その期間、髪は残留した薬剤の影響を受け、ダメージを受ける要因になります

このタイプはそれらの薬剤を除去する効果があり、処理剤、マイナスのトリートメントなどと呼ばれています

カラーやパーマをしたとしても髪をキレイに保ちたい方には、外せない行程です

ですのでリオルではこのタイプのトリートメントは必ず使用するほど、要になっています

これらの処理は通常、美容室での施術中に行われます

すでにカラーの薬剤に添加されていたり(封鎖)

シャンプー台で流している最中に行われていたり(除去・抹消)

演出効果はあまり無い為、やられてる事に気づきにくいという側面があります

また、除去とは目で見たり手で感じたりはし難いものです

当然です

付け足す事とは逆なのですから

時間が経過しても良好な状態を保つ事が目的です

結果、ヘアスタイルの再現がしやすく、また長く楽しんで頂く事が可能になります

少し特殊な使い方をしますが、自宅でも使用する事が可能です

海水などのアルカリでバシバシになった髪にも有効で、海が近いリオルでは大変に重宝しています

まとめ


 

皮膜系トリートメントは一定期間だけ髪をキレイに見せるのに有効
 ダメージに繋がる可能性もある
 特に理由が無ければその日一日持つものでOK

内部補強はダメージホールの穴埋めに有効
 持続性が良い
 手触り重視では無い

薬剤除去はその後の状態を保つのに有効
 時間の経過で効果を感じるもの
 直後はわかりにくい

すでにハイダメージの場合は皮膜を張る場合もあるでしょう

ですが過度に積み重ねると、更なる悪化の影響もあると、認識しなければなりません

現状では、全く負担のかからない、カラーやパーマ等はあり得ません

その為、髪のダメージは数回に渡る薬剤反応や普段の髪の扱い方

それらの積み重ねで起こります

限界値を超えれば希望は叶いません

ヘアスタイルを楽しむという事は常にダメージと隣り合わせ

リオルでは今までの履歴や現状を適切に判断し、あなたの代わりに髪の状態を徹底管理していきます

素敵なスタイルを作る為に、余分な負担を取り除きたい・・

基本、髪のケアとはダメージを受ける前から始まっているのです

The following two tabs change content below.
高澤 雄二

高澤 雄二

藤沢辻堂の美容室Liolu代表の現役美容師。綺麗に導く事を専門としたサロンを経営。1日の担当に制限がかかろうとも、マンツーマンでの対応を徹底。あなた専属、専用のプランをカタチにした特別なサロンです。純粋に「美容室に来て良かった♪」と思って頂く事を第一に願い、ずっと幸せな毎日を過ごしてもらいたいのです。周りの人たちが羨む美髪と共に。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です