%e3%83%91%e3%82%b5%e3%83%91%e3%82%b5%e3%81%aa%e9%ab%aa

クセ毛の方の2つの選択肢!有効なスタイリング剤?!

 

くせというのは何かと厄介で

チリチリで細かく、やたらボリュームの出る状態やら

大きくしっかり波打つ状

はねる、分かれる、寄る、寝ぐせ (笑)

まぁ様々な状態があって、何のクセもない人の方が正直少ないのが現状です

それ故、髪の悩みは尽きません・・

ツヤとは

地毛の髪の毛が自然なまっすぐさでは無く

曲がっていたりすれば当然にくせ毛と言う他ありません

その中でも面として見えない波打った状態だと

なんか傷んでるように見えませんか?

img_9404

クセを伸ばしたアフターはキレイに見えます

ですが何度か説明してますが髪を加工した訳ですから、ビフォアの方がダメージは少ないのです

では何故アフターの方がキレイに見えるのか?

これはクセを伸ばす事によって、でこぼこした髪をキレイな面に整えたからです

髪が面としてまとまると、均一に光の反射を促します

ツヤツヤと・・

これが基本、ツヤの理屈です

つまり面が整っていれば、かなりダメージを受けたであろうハイトーンの髪であってもツヤは出るのです

また反対に

髪がダメージを受けて無くとも、クセが光を乱反射するのならツヤが出ないのです

傷んでいるからツヤが無いんだ!

という事では無いのです

どちらを選択するのか

自ら望んで地毛をクセにした方はおりません

程度の差こそあれ、厄介である事に違いは無いのです

自分のせいでは無いのですが、対処しなければならないという、面倒くさいものでもあります

このクセをどうするかは、大きく分けると2つの選択が考えられます

・クセを伸ばすのか?

・クセを使うのか?

現在は縮毛矯正(ストレート)により、結構なクセでも伸ばす事が可能になりました

ツヤ、サラ、乾かすだけ、まとまる、etc・・

見た目も扱いやすさも改善され、とてもメリットの多いメニューです

初めて矯正をされた方なんかは、自分の髪にツヤが出たと感動される方も多いです

ですが見た目の美しさの代償として、実際は美容室のメニューの中でもダメージの大きい施術の一つです

ここ本当に誤解されがちなのですが

「キレイになったから今度はパーマしたい!」

などと安易にスタイルチェンジをご希望されると、美容師は内心焦ってしまうのです

「かけたの2ヶ月前じゃん!うう。。前回ストレートした時、パーマはダメって言わなかったし、、断ったら怒るかな?!」

「・・単価もいいし定期的に来店されるお客様をみすみす逃す訳には・・本人もダメージ覚悟って言ってるし、やるか!・・でもこの髪ヤバそう。。」

などと頭の中で葛藤しているものです

たまに

「どのくらい時間を空ければパーマ大丈夫ですか?」

という質問も受けますが、時間はあまり基準にしないで下さい

美容師が難色を示している理由は

ストレートを施した髪に対するパーマなのです

ストレートやカラーは髪がいくらか伸びるとリタッチと言って

新しく伸びた髪にアプローチが可能です

前回かけたトコロは極力そっとしておく事が出来るので、定期的な施術は可能です

ではパーマはどうか?

これは根元とは反対に毛先にカールを施す事が多いのではないでしょうか?

根元だけウェーブで半分から毛先がストレートって、普通はあり得ません

つまり前回整形手術した場所にもう一度違う手術をする・・

これは当然、負担は増す訳です

もちろん髪の強度や今までの履歴によって関係するので、絶対出来ない訳では無いかもしれません

ですが

キレイな髪でいられるか?!

という事については、待った!がかかるのです

キレイになりに行ったのに、ひどくバサバサしてしまっては本来の意味を失います

ですのでストレートをした髪にカールやウェーブが欲しいのなら、コテを使う事をオススメします

もちろんこれもダメージが無い訳ではありません

ですがもう既にいくらか履歴(ダメージ)を負った髪には、パーマをかけるより有効です

パーマをかけるよりはダメージは小さいですし、熱を使う事でツヤもでます

要するに

キレイな髪の状態で過ごせるのです

あとは使い方に注意すればいいだけです

ちなみにコテも嫌で、ストレート部分にかけるパーマも嫌だという場合

髪は根元から伸びてくるので、今の根元が毛先に向かって移動してるような形になります

つまりこれが毛先から無くなるのは

・・何年か?!

ってくらい時間がかかります

もちろんロングの方ほど毛先に移動するまでの時間がかかるので、スタイルチェンジでばっさりカットされる方もいます

ですので

ストレート後のパーマは、あまり時間が基準にはなりません (長いので)

制限がかかると覚えておくと良いでしょう

ストレートであれば定期的にリタッチ矯正は可能です

そしてもう一つの選択肢

クセを使う場合

スタイリング剤で質感調整

ブローしたり、帽子を被ったり、髪を結わいたり・・

ご自身でもクセを抑える手段はいくつかあります

18%e3%80%8028-9-14%e3%80%80%ef%bd%823
18%e3%80%8028-9-14%e3%80%80%ef%bd%821
結わいていたので、それなりに収まっていますが

濡らして乾かすと、かなり広がります

クセは人それぞれ様々ですが

広がる質感を生かすなら

それの土台はカットになります

カットラインに合わせて切ると言うよりは、クセに合わせて収まるようにカットを施します

そして見た目に大きく影響が出るのが

乾かした時のパサパサとした質感

ダメージが原因でないとしても、見た目は損なわれてしまうものです

それらを補う目的と、スタイルをキープする為に

スタイリング剤を使用します

 

18%e3%80%8028-9-14%e3%80%80a6

仕上げにムースを使用しました

パサつく髪に適度に水分と油分を与えるので質感調整が可能です

セット力もあるので、広がりを抑えるのにも有効です

何よりスタイリングが簡単

にぎるように揉み込めば、ある意味パーマのような仕上がりにもなります

まとめると

・クセを伸ばすとツヤが出る

・手入れは簡単

・ストレート後はパーマに制限がかかる

・クセを使うにはカットが重要

・スタイリング剤で作るのも手

クセは確かに厄介で、扱いに困るモノです

どうしても手に負えないクセは伸ばしてしまうのもありでしょう

見た目の美しさと扱いやすさには、とても魅力があります

ですがそれしか手段が無い訳ではありません

クセを使うという選択肢

それらはご自身の好みやセンスも影響してきます

好きな音楽や、好きな服が違うように

素敵な髪型にも、正解や決まりがあるものではありません

毎朝のスタイリング

日々のライフスタイル

ムリをしない自然体のあなたの生活に溶け込んでこそ、あなたらしいスタイルなのです

 

 

18%e3%80%8028-9-14%e3%80%80a3


〒251-0045

【住所】 神奈川県藤沢市辻堂東海岸1-12-27
マイタウン海岸通りA

【電話】 0466-52-6830

【定休日】 火曜+他2日(不定休)

【営業時間】 10:00~19:00(受付終了16:00)

The following two tabs change content below.
高澤 雄二

高澤 雄二

藤沢辻堂の美容室Liolu代表の現役美容師。綺麗に導く事を専門としたサロンを経営。1日の担当に制限がかかろうとも、マンツーマンでの対応を徹底。あなた専属、専用のプランをカタチにした特別なサロンです。純粋に「美容室に来て良かった♪」と思って頂く事を第一に願い、ずっと幸せな毎日を過ごしてもらいたいのです。周りの人たちが羨む美髪と共に。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です